アットホームな少人数制|神奈川県横浜市のサポート校

 

入生・不登校生受け入
通信制高校サポート校
横浜さくら響育学園高等部
〒246-0015
神奈川県横浜市瀬谷区本郷2-15-1
TEL.045-444-9107

 

よくあるご質問Q&A

  • HOME  > 
  • よくあるご質問Q&A
 

Q&A

Q&A
 
Q1;難しい学科試験はありますか? 入学のために準備しておくことはありますか?
A1;私たちの学園では「一人ひとりの中に眠っている可能性が点数で測れるはずはない」という思いから、入学試験にいわゆる学科試験は行いません。ただ、本校受験が自分自身や将来を見つめるきっかけとなってもらえたらと願い、入学試験に替えて、学園長の「ミニ模擬授業」受講をお願いしています(別途、自宅で仕上げ願書と同時にご提出いただく「ミニ作文」の課題があります……早期受験では免除)。
「ミニ模擬授業」……「授業」と聞くと、とかく「何かを審判・判定されるのかな?」と考えがちですが、横浜さくらでは、とにかく「そのままのあなた」で素直に臨んでほしいと願っています。
したがって、入学を希望されるみなさんには、受験の準備等で萎縮することなく、入学まで心穏やかに日々を過ごしてほしいと願っています。
大切なのは、未来へ向ける「希望のまなざし」です!
 
 
Q2;引っ込み思案で人づきあいが苦手なため、学校にうまく馴染めるかが心配です。
A2;毎年、ほとんどの生徒が同じような気持ちでここへやって来ます。ですが、ココロやさしい先輩たちや頼りがいのある先生たちがさりげなく温かな手を差し伸べてくれ誰でもすぐに学校生活に馴染むことができますので、そうした心配はご無用です。「引っ込み思案」で「人づきあいが苦手」な人が、安心して高校生活を満喫できることを願って創られたのがこの学園です!
 
 
 
Q3;現在中学生ですが、不登校です。高校進学に貴学園を検討していますが、試しに授業を見学することはできますか?
A3;もちろんです。普段の授業に在校生たちと一緒に出席していただくこともできますが、緊張してしまうようでしたら、放課後や土曜・日曜を使ってのあなただけの「個別の体験模擬授業」をご用意することも可能です。
なお、ここには、かつて不登校を経験した生徒が多数在籍しています。ここでは、学校へ行かなかった(行けなかった)というあなたの「感性」にこそ、未来の可能性を探します。「そのままのあなた」を受け容れ、安心して未来への一歩を踏み出してくださいね。
 
 
Q4;不登校だったため、集団生活にストレスがあります。毎日通わなくてはいけませんか?
A4;本校は、ふれあう喜びを実感することを大切に考えていますので、毎日登校することを基本としています。
とはいえ、様々な事情をかかえた生徒たちが入学してくるのも事実です。ですから、そうした一人ひとりの生徒の気持ちに沿い、登校回数を一律に決めることはしていません。まずは「そのままの自分」が丸ごと受容され安心するところから出発です!
 
 
Q5;小学校中学校と授業についていけませんでした。どんな勉強をしたらいいのかもわかりません。
A5;私たちの学園では、どの教科のどの先生も、みなさんが「学ぶ楽しさ」を実感することができるような授業内容にしようと努力しています。ですから、今までどんなに勉強が苦手だった人も、安心して授業に出席することができるのです。
また、先生たちは、少人数制の利点をフルに活かして、みなさんがどこからスタートすれば学力が伸びるかを常に把握していますので、いつも的確な個別指導をしてくれるから安心ですよ。

転入生も不登校生も
自分スタイルで
充実した高校生活を!
通信制高校サポート校
横浜さくら響育学園高等部
〒246-0015  神奈川県横浜市
瀬谷区本郷2-15-1
TEL.045-444-9107

 
<<横浜さくら響育学園>> 〒246-0015 横浜市瀬谷区本郷2-15-1 TEL:045-444-9107